事例・症例

1月のご相談から8例紹介~起立性調節障害 パニック 動悸 息苦しさ 頭痛 めまい

燦々堂

当院は自律神経・起立性調節障害のお悩み専門の整体院です。
当院にどのようなご相談があるのか。
1月のご相談から8例紹介します。

【ご相談1】
20代。男性。
夏に熱中症になり、そこからパニック発作を起こすようになった。
息苦しい、呼吸が苦しい、頭痛、めまいなどの症状があり、毎日のように発作がある。
発作は仕事中が多く、美容院やお店に行っても呼吸が苦しくなる。
精神科でパニック症と診断された。薬は飲んでいない。

【ご相談2】
20代。男性。
12月上旬からめまい、動悸、息苦しさがある。
パニック発作も起こしてしまう。
首・肩の痛みもある。
1月に内科を受診、漢方薬を処方された。

【ご相談3】
40代。女性。
20代の頃にパニック発作になり抗不安薬を服用していた。
一時期落ち着いていたが今も発作を起こしそうな不安がある。
不安感が強く、何に対しても不安感、恐怖感がある。

【ご相談4】
40代。女性。
顔のほてり、のぼせがあり、緊張すると動悸がする。
マスク生活が原因で冬でもほてりが出やすく、そこから緊張してパニック発作になりやすい。
仕事にも行けない。

【ご相談5】
高校2年生。女性
12月中旬から朝起き上がれなくなった。
午前10時から昼頃まで起きられず、頭痛、腹痛、倦怠感により学校にほとんど行けなくなった。
婦人科、耳鼻科、頭痛外来を受診後、小児科で起立性調節障害と診断された。

【ご相談6】
中学1年生。女性。
10月頃から朝の寝起きが悪く、腹痛がある。
朝は6時に起こして6時半頃に起きるが、腹痛があり遅刻・欠席が多い。
登校しても学校でも腹痛がある。
昼過ぎから夜は元気にしている。
気持ちの浮き沈みが激しい。
小児科を受診して起立性調節障害と診断された。

【ご相談7】
中学2年生。女性。
小学5年から朝起きられない日が増え、小学6年の時に起立性調節障害と診断された。
薬を飲んでいたが改善しなかった。
中学1年冬から遅刻・欠席が増え、中学2年の夏休み明けから全く登校できなくなった。
頭痛、ふらつき、倦怠感などの症状がある。

【ご相談8】
小学6年生。男性。
11月上旬から朝から午前中に倦怠感、気持ち悪さがあり、学校を遅刻・欠席するようになった。
夕方から夜は回復して普通にしている。
2020年6月のコロナ休校明けにも、朝起きられなくなったり吐き気があった。
病院は受診していない。

このようなお悩みがありましたら、どうぞご相談ください。

お客様の声 当院をご利用いただいた「お客様の声」をご紹介します。自律神経失調症、パニック発作、起立性調節障害、動悸、めまい、頭痛、吐き気、息苦しさ...
症例集 当院のお客様の症例を紹介します。症状がどのように治っていくのか説明します。 症例まとめ 症例を症状別にまとめて紹介していま...
ABOUT ME
山野 昌博
山野 昌博
自律神経整体 燦々堂 院長
自律神経の不調専門の整体師。
自律神経を整える施術と栄養指導で、様々な不調の改善実績があります。
自律神経の症状、起立性調節障害、パニック、不定愁訴などのお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

自律神経整体 燦々堂
宇都宮市雀宮・茂原 国道4号近く
電話 070-4077-7200
記事URLをコピーしました